臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 [セイル]

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail

カウンセリングの特徴
ポイント➀ 

​カウンセリングの基本は「対話的心理療法」です。カウンセリングの場では、話せるところからお話いただけたらと思います。カウンセラーからも考えや助言などお伝えします。双方があっての「対話」です。この過程をとおして、これまで絡まっていたもの、滞っていたものが整理され、自分の心の中で何が起きているのか理解が深めます。さらに見通しなどが持てるとそれだけでも心は随分と楽になり、心のバランスが回復していくことも多いです。まずは自分の心で何が起きているのかを整理していきます

自分について「整理」する
自分の心との「付き合い方」を学ぶ・変えていく

症状があれば治したい、問題があれば早く解決したい、苦しみはなくしたい…と思うものです。カウンセリングでは、これら思うようにならない自分の厄介な心とどのように付き合っていくか、どう折り合いをつけていくか、ということを取り上げ、これまでとは違う視点から考えていきます。

ポイント②
ポイント③ 

本当はこんな自分になりたい、こうありたい、こんな生き方をしたいという思いや大事にしたい価値観、目指したい方向性など。相談者の方それぞれの思いをお聞きし、実際にそこに向けて行動していくこと、生活が良い方向に動き出すようにサポートしていきます。

これからの自分を見据えて生活を立て直していく
個人に合わせて心理療法をカスタマイズします

基本的には「対話」を中心としてカウンセリングを進めていきますが、ポイント➀~③のアプローチに沿って心理療法の技法も提案させていただきます。今の問題や症状を乗り越えていくために何が役立ちそうか、無理なく取り組めそうなものをご紹介しています。また、ご自宅などで練習できる心の使い方のエクササイズや日記など簡単な課題にも取り組んでいただくことがあります。​

ひとつの心理療法にこだわる必要もなく、タイミングや相性などもありますので、柔軟に対応していきます。

簡単ですが、以下でいくつかご紹介しています。

以上、簡単ですが、当室のカウンセリングの特徴、アプローチ方法をご紹介しました。

カウンセリングにはお金と時間、心身のエネルギーが必要です。長い人生という長期的な視点から考えてみると、カウンセリングを通して自分としっかり向き合うことはとても価値ある作業だと考えています。

​相談者の方が、地に足をつけてその人らしい生活を送れること、自分で自分を支えることができること、をカウンセラーとして常に意識し、1回1回の時間を有意義なものになるよう努めています。

(医療機関との連携)
​病院にかかっている方も、そうでない方も 

当室では、現在通院中の方や、これまで一度も受診されたことがない方など、特に医療機関の受診の有無は関係なく来談していただいております。受診するかどうしようか悩まれている方のご相談も多いです。相談者の方の考えや思いをお聞きした上で、どのような方法が一番良いのかお伝えするようにしています。現在通院中の方の場合は、カウンセリングをよりよいものにするためにも主治の先生と連携をとることもあります。この場合もご本人さんのお気持ちを尊重いたします。

はじめての方へ

これまで自分一人で問題や悩みを解決しようと苦しんでこられたことと思います。自分だけで解決できればよいのですが、出来ないときもあります。これまでのやり方を少し変えてみませんか。専門家に相談してみるという方法、カウンセリングの第一歩です。はじめてのカウンセリングは大きな不安や緊張があると思います。当室では[初回面談]を設けています。カウンセリングというものがどのようなものか、カウンセラーがどんな人か、まずは雰囲気を感じていただけたらと思います。継続してカウンセリングを続けるかは初回面談を終えてから決めていただいてます。​まずは一度お話に来てみませんか。お待ちしています。