軽視されやすい?!「規則正しい生活」

睡眠、食事、適度な運動。

規則正しい生活をしましょう、というのはよく見聞きするフレーズです。


心の不調を感じたとき私たちがとる行動としては、

精神科やメンタルクリニックを受診する。

お薬を出してもらう。

休職するなどしてしばらく静養する。

カウンセリングを受ける。

などでしょうか。


これらは例の一部ですが、それぞれに効果があります。


しかし、せっかくこれらの対処行動をとったとしても、

一方で、睡眠がバラバラだったり、

昼夜逆転していたり、

食事がものすごく偏っていたり、

ベッドから出ずに1日を過ごしたり。

このように不摂生とまではいかなくても、乱れた生活を送っていてはやはり不調は続きそうです。


人として生活する上でごくごく基本的な部分を整えていくことはとても大事です。


起床時刻と就寝時刻はなるべく一定にする

・バランスよい食事を3食しっかり摂る

・適度な運動を日常生活の中に取り入れる

など。


当たり前と思われるかもしれませんが、そこができていない方が結構おられます。

この生活基盤が整っていくだけでも、心の不調は回復に向かうこともあります。


考え方の偏りを修正したり、云々…という心理療法のあれこれは、

これら生活基盤が安定している上で取り組むことで、効果も発揮されやすくなるものです。


頭では分かっていても、つい明日から明日からと先延ばしにしたり、自分だけは大丈夫と正当化したりしてしまいがちです。

カウンセリングでは、心理療法などの心のメンテナンスと並行して、これら生活基盤を安定させることも一つの目標としてサポートしていきます。


昔から言われている「規則正しい生活」

今でもよく目にするフレーズで、当たり前と言えばそうなのですが、一度改めて自身の生活を見直していただけたらと思います。




相談室紹介

カウンセリング案内

(前日18時まで受付け可)

臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 セイル

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail