カウンセリング案内

(前日18時まで受付け可)

臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 セイル

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail

    解決の可能性を探ること

    「問題認識について」の記事でも触れましたが、私たちは、問題や悩みを心のどこかで感じつつも、それを先延ばししたり、軽く見積もってしまうところがあります。


    問題や悩みによっては、年月が経てばそれだけ解決困難になっていく場合もあります。

    やはり早期発見、早期解決ということが適策なようです。

    (私自身の経験からも実感しています)


    では、問題や悩みの存在に気づいて認めたら、次にどうするのがよいのか。

    解決のために動き出すこと。それらが軽く、対処が容易なうちに「助け」を探すことです。

    身近な誰かに相談したり、専門家のところを訪れたり、ふさわしい助けに自らがたどり着くことが大事です。


    でも相談したら相手に迷惑かけるかもしれないし…自分一人で解決できるかもしれないし…他人に相談なんてできない、という考えが出てきそうでしょうか。

    私もどちらかというと一人で抱え込むタイプで、気持ちはすごくわかります。


    しかし、自分一人が取り組むよりは、誰かに助けを求めることで、周囲の支援も得られ、いろいろな種類の支援があることも知ることができ、自分に合った最適な支援が見つかります。

    カウンセリングというのもそのうちの一つです。1対1で個人的に相談したい、こじんまりと相談したいという方に適している方法かもしれません。


    問題や悩みの解決法を探ろうと自ら動き出すことは、自立的な行動です。それは大きな力になります。

    自分一人の世界にこもらないで、「助け」を探してください。誰かに「助け」を求めてください。

    そこから何かが動き出すはずです。