何をやっても無気力、楽しめない

ぜんぜんやる気が起きない、どうせ何をやっても上手くいかないだろう、やっても意味がないから無駄だろう…このような考えが何に対しても出てきてますます気力がなくなっていくこと。ありませんか。

一時的にはよくあることですが、生活のあらゆる面で無気力が蔓延していませんか。


どうして無気力に感じるのでしょう。


例えば、過去に頑張っても報われなかったこと、誰からも評価してもらえなかったこと、誰かに批判されて傷ついたことなど、いくつかの過去が積み重なって影響している場合があります。

もし何かやろうと思っても「どうせ自分なんて」「また上手くいかないはずだ」という否定的な考えが勝ってしまい、行動に移る前にブレーキがかかってしまいます。結局何もしないまま諦めてしまうパターンです。


また、心の奥底にある思いや感情を抑え込んでしまっている場合もあります。

例えば、少し休みたいと思っている→でもまわりに迷惑をかけるから休んではいけない。というような場合です。本当はこうしたいという思いがあるのに、「こうあるべき」という厳しい自分ルールで自分を縛ってしまうのです。

心の内奥にある思いや感情に従うのがよいのか、自分ルールの声に従うのがよいのか。ふたつに挟まれて、次第に自分でも何がしたいのか、どうしたいのか、分からなくなってしまいます。


このような状態からまわりを見渡すと、まわりの人たちがよりイキイキ生活しているように見えて、さらに落ち込んでしまいます。何をしても楽しめず、生きるのがしんどくなってきます。


何をやっても楽しめない

無気力を解消して毎日楽しく生活したい

こう思っているのに、どうしていいのか分からずお悩みの方

実際にどう動いていくかは自分自身です。心の奥底にある思いや感情を整理して前向きに動き出してみませんか。カウンセリングを活用してみてください。


相談室紹介

カウンセリング案内

(前日18時まで受付け可)

臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 セイル

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail