臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 [セイル]

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail

自己洞察瞑想療法(SIMT)

このような方へ

  • まずは自分で心理療法に取り組んでみたいとお考えの方

  • 他者(カウンセラー)に自分のことをあまり話したくない、話すことに抵抗がある方

  • 自分のペースでゆっくり進めていきたい方  など

自己洞察瞑想療法とは

マインドフルネスにもさまざまな種類があります。

日本で開発された自己洞察瞑想療法(SIMT)は、うつなどの心の不調の改善を目的とした心理療法としてのマインドフルネスです。

10段階にわけて、スモールステップで習得していきます。

自分を苦しめる考え方や行動のパターンを「価値崩壊パターン」、

自分も他者も苦しめることがない建設的で健全な考え方や行動のパターンを「価値実現パターン」とし、

「価値崩壊パターン」→「価値実現パターン」に変えていくことを目指していきます。

​この変化によって、うつにまつわるネガティブ思考が減り、やりたいことができるようになるなど、心と体の両方が健全な働きを取り戻し、​うつなどの不調が改善されていきます。

自己洞察瞑想療法は、心の不調の改善だけでなく、再発予防としても。

また心の不調まではいかない健康な方であっても、自己理解を深めてよりよく生きるための一手法として活かしていけるものです。

詳しくはこちらのサイトをご参照ください→一般社団法人日本マインドフルネス精神療法協会HPへ

〈テキスト〉

うつ・不安障害を治すマインドフルネス

​大田健次郎著 佼成出版社

特徴

  • エビデンスと背景理論 

20年以上臨床で用いられており、うつ、非定型うつ、不安障害(パニック症)、PTSD、摂食障害など改善の効果が実証されています。(こちらもご参照ください)改善までに1年~2年かかります。

また背景理論には日本の哲学(西田幾多郎哲学)、脳神経生理学があり、日本人にもなじみやすく奥深いマインドフルネスです。

  • いまの状態から無理なくスタートできる

調子が悪く、思うような生活の活動ができない方も「治したい」というしっかりとした気持ちがあれば体調に合わせて少しずつ取り組めます。

  • 積極的に取り組みたい方へ

​他のマインドフルネスと同様、実践の積み重ねが大切です。​「治したい」「〇〇な自分になりたい」など目的をしっかりもって積極性が大切です。

  • 自学自習で取り組める 

基本のテキスト(うつ・不安障害を治す マインドフルネス 大田健次郎著 佼成出版社)があります。

自分で第1セッションから取り組むことができます。

他者(カウンセラーなど)に自分のプライベートは話したくないという方や、まず自分で心理療法をやってみたいという方にはよい方法です。

やってみようか迷われている方へ

書店でテキストを手にとってみてください。​

まず第1セッションの部分を読んでみて、実際に課題に取り組んでみましょう。​

やってみてわからないことや難しいところも出てくるかもしれませんが、できる課題から進めていくというやり方でかまいません。

そのときは分かりづらくても、しばらく実践をやっていると、後で合点できることもあります。

頭で理解するよりも、実践によって感じることが大切だからです。

それでも一人でやるのは難しい、不安でしたら、お気軽にご連絡ください。

カウンセラーとともにやっていきましょう。

分からない部分、疑問点など一つ一つ解消し、お一人お一人の目的に合わせてより個別的に対応いたします。

​※自己洞察瞑想療法の場合も1回の時間・料金はおなじです。