森田療法について

森田療法とは、精神医学者森田正馬が自らの神経症体験をもとに生み出された日本独自の心理療法です。

森田療法がどのような精神療法なのか、森田療法の専門書を参考に簡単ですがまとめてみました。

●森田療法が向いている方

社交不安症(人前で緊張して失敗しないか、変に思われるのではないかなど心配になる。自分に自信が持てず、人の目が気になる)

身体症状症(原因不明の身体症状を感じたり、病気になることが不安になる。病気や死への過剰な心配)

強迫症(不安な考えにとらわれ、それを打ち消すための行動がやめられない)

​うつ症状(長引いているうつ病、抗うつ薬の治療が停滞している)

●どのようなことをするの?

  1. ​悪循環をはっきり自覚する(不安や緊張に目がいき、余計に不安になり緊張が増すという悪循環をはっきりと自覚することから始まります。自分の中でどのような「とらわれ」「空回り」が起きているのか理解します)

  2. 感情はそのままに置いておく(不安などの感情は取り除こうとしたり避けようとしても解決しないこと。自分が感じている感情を自覚して「そのままに置いておく」ようにしていきます。不安でも構わない、不安なのは自分だけではない、人として自然なことだという姿勢に切り替えていきます)

  3. 行動を優先する​(不安はそのままに、結果を生む行動を起こすことを促していきます。不安や緊張がなくなってから行動するのではなく、できることから行動をすることで、あとから気持ちがついてくることを実感することが大事です)

  4. 生の欲望を再発見する(不安の裏にある健康的な部分に焦点を当てていきます。行動が増えてくると心にも変化が出てきます。そしてどう生きたいのか、何がしたいのか、そのためにはどんな行動をしていくのがよいのかを探します)

  5. 行動を習慣化する(行動することで得た結果や達成感を重ねていくことで、よりよく生きていくためには悩んだり苦しんだりしながらでも行動することだと体得していきます。次第に行動が習慣化し、社会と関わることで、自らのこだわりやとらわれに縛られなくなります)

●目標としていること

  1. 気分本位から目的本位へ(自分の行動を「不安だ」「憂鬱だ」といった気分の良し悪しで判断するのが気分本位です。一方、気分の良し悪しはさておいて、やるべきことは自分なりにできたことにOKと客観的に考えるのが目的本位です。気分は気分でおいておき、「今日できたこと」「今できること」に注意を向けていくこと、自分の行動の目的に重きをおいてそれを目指していくことです)

  2. 生き方の原動力を探求する(不安や症状の裏には「健康で生きたい」「よりよく生きたい」という願望があります。そのに焦点を当てて、不安があっても行動に踏み出していく原動力とします。漠然としたものであっても、自分に問いかけていくことで、興味関心があるものを改めて再認識し、日常生活での行動が広がっていきます)

  3. あるがまま(「失敗してはいけない」「人とはうまくつきあうべき」という思い込みが不自由さや苦しみを生みます。そうではなく、今の状態、今の自分を「あるがまま」に受け容れることが大事です。今の自分、今の気分と付き合ってみようと考えるのです。できること、できなきないことをそのまま受け容れ、あるがままでOKとして、できることから行動していくのです)

  4. ​生活の形を整える(問題を前に、あれこれ考えたり想像したりしているとますます行動に踏み出せないものです。考えすぎることをやめて、形を作る、つまり先に行動を起こしていくことで、そのうち気分もついてきます。今できることからやっていくことです)

●まとめ

森田療法は人間の自然な在り方、生き方に重点をおいたものです。心は出来事やストレスなどで揺れ動いて不安定なものです。この不安定な状況こそが私たちが生きている現実であり、その中で自分なりに良い方向に努力して生きていく姿勢が大事なことではないでしょうか。

​「悩むこと」と「生きること」。悩みながらも、自分の人生をどのようにデザインしていくか、どう自分という存在を活かしていくか。まずは現実の「今の自分」から目を逸らさずに向き合ってみることから始めましょう。森田療法の考え方は、症状や問題の解消だけでなく、その後も生き方をサポートしてくれるように思います。感情にもいろいろありますが、特に「不安」で苦しんでいる方に、森田療法の考え方をお勧めしたいです。

※参考図書

「よくわかる森田療法」中村敬著 主婦の友社

「森田療法のすすめ」高良武久著 白揚社

「流れと動きの森田療法」岩田真理著 白揚社 

カウンセリング案内

(前日18時まで受付け可)

臨床心理士・公認心理師

心理療法・カウンセリング室 セイル

​所在地:福井県坂井市春江町藤鷲塚40-29

© 2018 by Psychological Consultation Room Sail